クレジットカード1カ月滞納するとどうなる?

会計をクレジットカードで済ませる癖がつくと、お金を払っている実感はわきません。
そしていつの間にか支払い金額は膨大な物となり、自身の支払い能力を上回る事があります。

 

支払えなければ滞納


支払えなかった場合は、クレジットカード会社から滞納しているとみなされます。
これはたとえ一日でも一ヶ月でも、一年でも同じ延滞であり、勿論日数が膨らんだ方が深刻です。

 

今までは期日に支払いを済ませ、何かしらの都合でその月の引き落としが間に合わない時はあります。
これが初犯であれば、カード会社側も事情を察してくれますし、再引き落とし時に払えば大丈夫です。

 

では、何らかの事情で今月の支払いに足りずに一ヶ月放置してしまったら、どうなると思いますか?
これは滞納を何度しているかにより、会社側の対応も差が出てきます。

 

先に述べたように初めての滞納であれば、そこまで厳しく見られず、翌月払う旨を伝えましょう。
これが二度三度と回数を重ねてくると、一日でもかなり対応が厳しくなります。

 

厳重注意で済めばまだマシで、厳しいカード会社であれば利用枠の縮小や強制解約される可能性もあるのです。

 

今日解約もありえる

 

滞納の常習犯であり、警告を放置して一ヶ月滞納したとなれば、強制解約の可能性は高くなります。

 

強制解約されるという事は、他のカードも全て使用出来なくなるという事を覚えておきましょう。
クレジットカード以外にも、一ヶ月の滞納があるという事は住宅ローンの審査はかなり厳しい物になっています。

 

カード支払いと違って金額も大きく、会社側としても一大契約になるのですから、当然です。
住宅ローンほど厳しくないとはいえ、カーローンを組めない可能性も高くなります。

 

このように様々な要因が関係してくるため、たとえ一ヶ月でも滞納して良い等と思わないようにしましょう。

 

滞納とはしない事が前提であり、契約時にも確認されていると思います。
しっかりと計画し、自身の支払い能力を考え、欲望に負けないように買い物をしましょう。