クレジットカードの滞納は各種審査に影響する?

カード支払いを期日までに行えない、そんな時はどうなるかご存知でしょうか?
強制解約や使用額の縮小以外にも、ネガティブな要素は存在しています。

 

滞納するということは


滞納するということは、支払い能力が無いとみなされて信用を失います。
毎月期日まで払っていたり、初めての滞納だった場合は会社側も配慮してくれます。

 

しかし長期の滞納や多額の滞納をしてしまうと、会社側も相応の対応を行うのです。
前もって知っておきたいのは、滞納情報は個人信用情報機関に記載されているという事です。

 

つまり誤魔化しや嘘は一切通用せず、様々な金融機関に情報が共有されています。
これにより、契約しているクレジットカードの限度額縮小は勿論、最悪の場合強制解約になります。

 

ローンの審査への影響

 

それ以上に恐ろしいのは、各種ローンの審査への影響です。
車や住宅、カードなど様々なローンが存在していますが、それら全てに関わります。

 

カードでの買い物支払いが期日に払えない人に、より高額なローン契約は不可能です。
これは信用問題であり、金銭の貸し借りというのはそれだけ重い物だという事になります。

 

事前に目を通している契約書にも、期日までに支払うという記載がありましたよね?
例え小額の滞納でも、それが度重なれば個人信用情報機関に記録されます。

 

 

信頼をなくさないために

 

滞納はたとえ一日でも短期間でも同じで、一日の滞納を繰り返していれば当然記録に残るのです。
徐々に失った信用は人生の一大契約にまで影響を及ぼし、周囲の信用にも関わります。

 

手元のカードも全て解約され、新たにカードを作ろうにも審査を通らない事がほとんどでしょう。

 

今まで当たり前のようにやっていた事、出来ていた事が出来なくなるのは不便ですよね?
如何なる理由があろうとも、支払いが遅れそうな場合は一報入れましょう。
そうすれば会社側も対応してくれる場合がほとんどで、適切な方法を提示してくれます。

 

滞納は審査だけでなく、自身の様々な物を失い、そして奪っていきます。
自身の支払い能力と経済状況を熟考してから使用するように心がけましょう。