クレジットカード滞納の時効

クレジットカードの料金滞納には、犯罪等と同じで時効が存在しています。
カード会社との取引は借金ではなく、商事債権と呼ばれているからです。

 

クレジットカードの滞納の時効は


通常の借金と違う商事債権は、カード会社との契約だと考えられています。

 

民法においての借金による時効は10年で、商事債権はその半分の五年です。
しかし、犯罪と大きく違うクレジットカードの支払い、逃げ切れる物でしょうか?

 

返済催促や電話、訪問を無視しておけば良い、そんな簡単な事ではありません。

 

これは、クレジットキャッシングにおける二つの条件が存在しているからです。
極端に言えば五年間無視を続ければ、時効となります。

 

 

そのための条件

 

ですがその間に、時効を中断しない事と採用手続きを行わなければなりません。
時効の中断とは、カード会社が返済要求を行わない事です。

 

もしも一度でも返済要求が行われれば、その時点で事項は中断していない事になります。

 

口頭要求はただの催促であり、時効を中断する為には裁判所への手続きが必要です。
しかし最近のカード会社は、催促に応じない顧客に対してすぐに裁判手続きを行います。

 

これにより時効が中断されないという条件を満たすのは、非常に困難と言えるでしょう。

 

 

現実的にはほぼ不可能

 

採用手続きに関してですが、クレジットカードの時効は時間経過だけでは成立しないのです。
借りた側が支払いを行わない、返さないと宣言する手続きが必要となっています。

 

仮に時効の中断が無くとも、この手続きを行わない限り時効の成立は不可能です。

 

しかしながら、借りたお金を返さない手続きなんて成立するとは思えないですよね?

 

クレジットキャッシングの時効は五年ですが、その条件を成立させるのは絶望的です。
何より、クレジットカード契約を行う時に期日までに支払う事に同意しています。
契約とは口約束とは違い、書面に興しているからこそ効果があるのです。

 

滞納したから払えない金額になってしまったからといって、踏み倒すのは間違いです。
真摯に問題に向かい合い、計画性を持って誠実な生活を心がけましょう。